日常生活で冷えを解消!

冷え性は、日常生活でもしっかり解消することができます。


積極的に体を動かそう

熱を生み出しやすい体にするには、やはり体を動かすことが大切です。

意識的に歩く、立ったり座ったりを繰り返して筋肉を動かし熱を生み出しましょう。

オフィスで座りっぱなしのお仕事をしている方は、その場で足踏みを!

最初は10秒くらい、慣れてきたら1分、2分と続けて。

それを1日数回行なうことで、自然と筋肉が鍛えられてきます。

水分を取ろう

ダイエットのために大量の水を飲んだり、水太りを気にして水分を制限する人がいますが、それらは間違いです。

とりすぎた水分は、うまく排泄されないと体の中で滞って冷えの原因になるほか、水分が不足すると血液が濃くなりドロドロ血になってしまいます。

一日に必要な水分量は、だいたい1,500ml前後が平均的です。

使い捨てカイロを使う

屋外やオフィスでの寒さ対策は、衣服を着込んだり、ひざかけなどで防ぐだけではなかなか解消されにくいものです。

そこでおすすめするのは「使い捨てカイロ」です。

下記の場所に貼ることで効率的に体を温めることができます。

◆ 肩甲骨の間

肩甲骨の間に貼ると肩こりも和らぎ、手先までポカポカに。

◆ 足のつけ根

太い血管が浅いところにある足のつけ根を温めると、下半身の冷え対策に効果絶大です。

◆ 腰

背中のウエストラインよりやや下に貼ると、腰や下腹部の冷え解消に効果あり。

また、女性におすすめしたいのが、カイロにもよもぎを入れ、最高温度58度のデリケートゾーン専用ハーブカイロ「よもぎホットシート」です。


寒さを感じるとき、お腹や背中などの上から温めている人が多いですが、脂肪がなく、血流が集中している骨盤を温めると、不思議と温泉に入っているような温かさを実感できます。

女性の子宮を温める、よもぎ成分配合の蒸しカイロで、体の中からぽっかぽかに。


>> 子宮から体をぽかぽかに温める「よもぎホットシート」の詳細はこちら

温めアイテムを使って冷え対策

ストールや腹巻、5本指ソックスなどは冷気が直接あたるのを防ぎ、また体から熱を逃げるのを防いでくれます。

できるだけ「素肌」の部分をつくらないようにすることも冷え対策のひとつです。

キツキツの服装は避けて

下半身を締め付けるガードルやキツキツのジーンズは、血行を悪くするので冷えの原因となります。

また、つま先のとがったヒールや、キツキツのブーツも血管を圧迫してしまうので、冷えが悪化する場合もあります。

できるだけ圧迫しないヒールやブーツを履きましょう。






▲[日常生活で冷えを解消!]上にもどる
Copyright © 2006 冷え性改善!冷え性対策ガイド. All rights reserved